在宅患者さんに目を向けること

病院長 吉田 修

病院長 吉田 修

東住吉森本病院の特徴・地域での役割について
横山病院は大阪府和泉市の西部に位置し、周囲が緑に囲まれ自然環境の良い病院です。病床は介護保険によって運営される療養型で、介護が必要な方に対し、質の高い介護を提供し、慢性疾患の管理、終末期医療、リハビリテーションを中心に生活の質(QOL)の向上に努めています。また、在宅患者さんへの支援としてショートステイを実施しています。地域においては地域包括ケアシステムの一員として、他の医療機関や介護施設等との連携に力を入れています。
院内での他職種との連携事例について
当院での在宅サービス(居宅支援事業、通所サービス、訪問看護、訪問介護、訪問診療)と療養病床はグループを形成し、在宅部門、病床部門、また在宅と病床部門相互でそれぞれ多職種でのケアカンファレンスを実施しています。ケアカンファレンスを通じ医療職と介護職が一体となり、サービスを受ける患者さんの理解に努めています。
医療職にこれから求められることについて
慢性期、特に医療と介護のサービスが同時に必要な患者さんが今後も増加することが予想される中、医療職は介護サービスについての理解や知識を深める必要があります。また地域包括ケアシステムの実践として在宅患者さんに目を向けることが求められます。

その他の先輩の声

横山病院TOPへ戻る