「楽しい」心身のリハビリを提供

介護老人保健施設たちばな 病院長 平田 早苗

介護老人保健施設たちばな 病院長 平田 早苗

介護老人保健施設たちばなの特徴・地域での役割について
私たちの施設は、利用者の為、職員の為、引いては橘グループの為を理念としています。従来は施設でのリハビリを中心とした介護老人・看護に始まり、そのあとは在宅復帰を目指した介護・看護・訪問リハビリへと歩みました。現在では当施設でのリハビリを始めとして療養介護・看護や看取りに至る、施設での受け入れ幅の拡大へと機能転換すると共に、一方では地域住民に密着した地域の健康・リハビリ活動の推進を図るべく、職員一同一丸となて頑張っています。
他方、近隣地域の医療施設やかかりつけ医・ケアマネジャーと当施設のセラピストや看護師・介護士等とも連携して在宅(訪問宅)での、リハビリ・介護・看護・看取り等の体制強化を図るべく積極的に地域包括ケアシステムに取り組んでいます。
地域包括ケアシステムの連携強化の実践例は下記の通りです。
①病診連携:在宅復帰される方を中心にかかりつけ医との積極的な情報のやりとり
②地域セミナー運営委員会:施設内では通所、介護士、看護師等が協力しています
③地域包括支援センター会議:地域住民(やたはな組)とのリハビリ勉強会やリハビリに関する実施指導
④東住吉区保険福祉センターを通じての地域健康講座開設:脳活性化元気アップリーダー養成講座(例:ロコモ体操)
院内での他職種との連携事例について
各職種の縦割り・横割り連携のみでなく、縦横の連携強化を施設全体で行っています。
当施設でも過去、リハビリを専用スペースで行っていましたが、一部個々のフロアーにて看護師・介護士、栄養士を始めセラピスト等、他の職種と一体になって個々の人の問題点を追及し改善策を講じました。さらに、各職種と定期的に各種委員会や定例会議を持って問題点毎に各種の討議を行います。
医療職にこれから求められることについて
当施設の職員は、利用者、ご家族へ(施設・自宅を問わず)医学的・科学的根拠に基づいた情報(EBM:evidence based medicine)の提供、インフォームドコンセント(説明・納得・同意)を得ると共に、利用者の生活の質(QOL:quality of life)、人格の尊厳(personal dignity)を心がけ利用者個々にあった「楽しい」心身のリハビリを提供すべく心がけ、努力・活動が必要です。
そのために、医学全般に通ずる知識を下に、総合的観点に立った医療・診察や、幼少期から現在の環境も含めた高齢者特有の心身に基づいた個々の人の病態把握対応が欠かせません。

その他の先輩の声

介護老人保健施設 たちばなTOPへ戻る